INTERVIEW
未知なるものに全力で挑戦
するインターン
Fringe81
自己成長&選考に有利に働いた部門 最優秀賞

Chapter1インターンについて

Guest
Fringe81
田中 弦 様
代表取締役社長
Guest
Fringe81
柳川 小春 様
PR
Interviewer
リブセンス
福島 健二
就活会議 ユニットリーダー

Fringe81株式会社について
2012年に創業し、「Reshape the World」をビジョンに掲げ、前例のない最先端のサービスを提供することを目指す事業家集団。
現在は主にインターネット広告技術やHRテック関連のサービスを提供。昨年、従業員同士が成果給を、称賛や感謝の言葉と共にリアルタイムで送り合うことが出来るサービス「Unipos」をリリース。メディアからも注目を集める。
昨年のインターンにおいては、応募者数千人、参加者240人の規模で実施している。

まずはインターンを始められたきっかけを教えてください。

田中:サマーインターンを本格的に始めたのは2014年からですが、実は以前から内定者研修として実施していたプログラムをそのままインターンに使っていて。インターンの内容はずっと変えていないので、ここ5年間ずっと同じインターンを開催している形になります。内定者研修の時代を含めると、10年間変わっていない(笑)。

やはり採用目的で始められたのですか?

田中:いえ。これは僕の原体験とも関係があるのですが、僕は大学時代に、米国と日本のベンチャー企業を数百社調べてリンク集を作る、といったことをやったことがあって。インターネットの素晴らしさを初めてそこで知ったんですよね。当時僕は、文学部で『平家物語』専攻だったのでインターネットと全然関係ない(笑)。でも、これがもう楽しくて、僕はインターネットの世界に入っていくことになった。 つまり、大学生に対して新しい発見の機会を提供したい、さらにインターネットの可能性や素晴らしさを感じてもらって、インターネット産業に入ってくれたらいいよねという思いがありました。 なので、まず採用ありきというよりも、インターネットの凄さに触れる機会を増やしたいということで始めました。

自分と同い年でこんなにすごいやつらがいるのか、海外ではこんなビジネスをやっているんだ、そんな発見が強い原体験なったとブログで発信されていましたよね。

田中:Amazon.comのショッピングカートの遷移の仕方が美しすぎるという話で、和民でひたすら飲めるっていうやつもいました(笑)。こんな変態が世の中にいたんだなという感じです。『平家物語』とか文学部の周りにはそんな人いなかったですからね。 実際その時に、こんなビジネスもあんなビジネスもあるよねとワイワイ話していた人たちが、その後ライバルになって、そいつらに負けてたまるかって刺激し合えた。僕の原点です。 だから当時体験したことを、いろんな人に追体験してもらいたいと思っています。

インターンについてですが、たしか参加者は、毎年総合職は100名、技術職は50名ぐらいでしたよね?

田中:毎年大体それくらいですね。去年インターンに参加した総合職は過去に比べて突出して多く、計230~240人でした。

応募はどれぐらいありますか?

田中:応募は数千名あります。

すごい応募数ですね(笑)。そこまでの応募数であれば、学生の間でも御社のインターンの評判が広がっているということですよね。 学生のクチコミを見ていて気が付いたのですが、インターンに参加するための選考の中で、コミュニケーション能力を問われるような独自のグループワークがありますよね。それって実際どんなグループワークなのでしょうか?

田中:実は…、去年までやっていたのですが、今年からやめることにしました。

ちなみに去年まではどんな内容だったんですか?

田中:もうやらないから話してしまうと、普通グループワークでフェルミ推定とかロジカルシンキングとか、そういうのになっちゃうじゃないですか。そうすると慣れている学生が簡単に答えを出せて突出できてしまうので、それは嫌だなと。僕たちがやりたいことは、グループワークに慣れてる学生を選別することではなくて、うちに合いそうな人の原石を見つけることだよねと。 うちの会社は、新しい事業や新しい領域に攻めにいくことが多い会社なのですが、当然1人で攻めにいっても死ぬだけなんですよね。なので、集団で攻めてサバイバルしていくことがすごく大事になってきます。 じゃあインターン面接でやっているグループワークがどういうものかというと、みんなで地図を作りましょうっていうテーマです。5枚に分かれたヒントを学生に渡します。「誰々さんの隣に誰々さんの家がある」とか、「誰々さんの家にはペット飼ってあって」みたいな。地図は5人全員知恵を出し合わないと完成しません。なので、誰かが突出したところで完成することはできない。そういった普通のグループワークじゃないことをやらせることによって、うちに合う人をちゃんと見極めるようにしようという意図ですね。

御社の求める人物像は、行動力や好奇心に加えて、コミュニケーション能力がどこまで優れているのかという点でしょうか?

田中:どちらかと言うと、コミュニケーション能力よりも未知なるものへの興奮だと思うんですね。例えば「こんなグループワークやったことねー!やばい!!」っていうふうに。その時点で、合格ですね。逆に、「えっ、こんなやったことない。怖い…」みたいな感じだと、ちょっと違うなと。グループを仕切ったり、リーダーシップを発揮したりというのは必要なくて、未知なるものに対する挑戦、興奮っていう素質を見たくて。 インターン自体の内容もそうなんですよね。何百社も海外の会社を見ますという内容で。ずっと英語を読み続けて、しかもほぼ寝ずにやることもあるので、未知なるものへの興奮とかそういうのがないと、とてもとてももたないです。なので、コミュニケーション能力よりも、未知なるものへの興奮という素質を見ています。

なるほど。あえてグループワークの内容を今年変えられるというのは、何か背景があるんですか?

田中:原因は口コミサイトなんですよ。

なんと(笑)。大変失礼しました…。

田中:いやいや、全然(笑)。長年ずっと変えずにやってたのですが、「これ書いてましたね」っていう学生がいて。

未知なる内容じゃなくなってしまったんですね。

田中:そうそう。未知なる内容じゃなくなった瞬間に、これはいかんということでやめることにしました。

採用ターゲットが変わったということではないですよね⁉

田中:採用ターゲットは変わっていないです。

口コミを見ると、インターンのプログラムは、3日間で海外のVCが出資しているイケてるスタートアップを1つ選んでリサーチして、かつ未来予測まで行うというものかと思います。このプログラムをずっとやり続けているのはどんな理由なのでしょうか?

田中:一つ目の理由は、先ほど申し上げた、未知なるものとかインターネットの素晴らしさを知ってほしいというもの。 二つ目の理由は、アイディアを考えることよりも、その後の未来予測に時間を使ってほしいという思いがあります。 というのも、新規事業の立ち上げにおいてアイディアそのものはほんの一部に過ぎないというのが僕の持論。例えば、今Uniposというサービスを展開しているのですが、あれもこれもやりたいというアイディアはたくさん出てくるのですが、じゃあそのアイディアをどうやって実現するのかがすごく重要で。どういう場面で、どういう人員数で、どのぐらいのお金で、どういうシステム構成で実現するのかという。いわゆる新規事事業創造系のインターンは、アイディアを考えるところが多分8~9割で、その後の実現方法を考えるところってあんまりしないですよね。 なので、Fringe81のインターンでは、そのアイディアを考えることに時間を使うよりも、既に世界中の天才たちが考えたアイディアを与えた上で、その事業創造にとって大事な、未来予測を考えるところに8割ぐらい時間を使ってほしいなという想いがあります。

このテーマ設定も、参加した多くの学生が成長につながっていると感じている大きな要因かもしれないですね。

田中:そうですね。未来予測は、記事やWEB上に答えがないので。自分の頭で必死に考えないといけない。

Chapter2社長自らガチンコフィードバック

あと「フィードバックがとにかくガチンコで来る」といったクチコミもありました(笑)。

田中:それは間違いないですね。

インターンに参加される社員の方々に事前にフィードバックの方針を出しているのですか?それとも社員の方々が自発的にガチンコでフィードバックしているのですか?

田中:もちろんプログラムを設計する過程でフィードバックの形もある程度考えていますが、基本的には「熱くいけ。」というメッセージを伝えて、あとは社員に任せています。

真正面から学生に向き合えと。

田中:真正面から向き合うという話と、真面目にやろうという話をしていますね。学生はお客さんじゃないし、将来の仲間を探すっていう重要なプロセスでもある。 あとは単に採用目的だけではなく、僕ら自身も様々なビジネスアイディアに触れることができ、僕らが未知なるものに挑戦するヒントになったりもしているので。だったら、真面目にやれって話で。 僕、学生にも、1回のインターンで3回ぐらい「帰っていいよ」って言いますね。「真面目にやらないんだったら、帰っていいよ」って。

それは間違いなくガチですね(笑) 一方で、フィードバックの質はメンターのレベルに依存するように感じます。例えば、リブセンスも誰をメンターにするかで結構議論をしているのですが、御社の場合はどういう形でメンターを選択されるのですか?

田中:我々の評価制度がちょっと変わっていて。例えば営業の人だと、100%数字目標とかが一般的だと思うのですが、我々の場合は、職能に合わせて人事への貢献というテーマが入っています。中途採用でも、教育プログラム作るでもいい。その中に新卒採用に貢献しますっていう人がいます。それぞれ目標設定がちゃんとされていて、評価にも関係しているものですよと。ボランティアじゃない。 あとは何年もやっていると、インターン出身者が会社の中でもかなり多くなってきているので、あの時メンターから受けた、ちょっとカッとしてしまうくらい真剣で熱いフィードバックを、後輩にもやってあげてくださいっていうところもあります。 新卒採用をボランティアでやっちゃいけないなと思っているので、目標設定にちゃんとリンクさせましょうって話と、あとは自分がしてもらったことを後輩に返しましょうという、その2つでしょうか。

仕組み化が大切ですよね。ちなみに実際入社される方はほぼ全員インターン経由なのでしょうか?

田中:95%ぐらいインターン経由です。インターンを経由せずに直接HPから応募で来る人もいますが、少数ですね。

すごいですね。しっかり成果にもつなげられている。 学生の成長という観点で、これまで教えていただいたもの以外で何かポイントはありますか?

田中:やはり未知なるものへのっていうのが一番だと思っています。みんな意外に未知なるものに対して挑戦していないですよね。学びに来てしまっている。 例えば、インターネットが基幹産業になっていることは分かっているものの、じゃあ「シリコンバレーで最近10億円資金調達した会社で、モバイル系の会社を3つぐらい挙げてみて」って言っても誰も挙げられないっていう。そんなに知らない割には、みんなベンチャーいいよねとか言っている。これは結構ギャップがあるなと思っていて。何か学校の勉強では絶対教えてくれないようなこと、あと本に絶対書いてないようなことに挑戦するっていうことを、もっとやってもいいんじゃないのって思ったりします。 少なくとも、勉強しにインターンには来ないでほしい。誰かに教えてもらうのではなく、自分で挑戦しに来てほしいですね。

そうですよね。自分でつかみ取れるかが成長の鍵ですよね、インターンも。臨む姿勢次第で得るものが全く違います。

田中:あと、もっと恥かけよと思いますよね。若いうちに失敗をしておいたほうが絶対にいい。うちの会社でも、未知なるものへ挑戦して失敗した事業は無数にあるわけですよ。 インターンでも、最初はみんなきれいにやろうとするわけです。2日目にこのままじゃいけないと思ってエンジンがかかってきて、3日目にすごく頑張るといった感じだけど、1日目からエンジンかけておけとは思いますよね。

フィードバックを受けてハッとする学生は多いですよね。

田中:そうですね。僕も、金土日全部コミットしてインターンを見ているんですよ。 集客も、僕が全国の採用セミナーに参加して学生を集めてくるのがうちの伝統なのですが、インターン中のフィードバックもこの人がやるんだと思うと、学生もここはだいぶガチだなと思ってくれると思うんですよね。

代表がガチでフィードバックしてくれる機会なんて、社会人だとしてもなかなかないです。

田中:中間発表のフィードバックでいつも僕が言ってるのが、「マジこれ面白い」っていうのを見つけてこいと。みんな「ビジネスモデルはこうで」とか「サービス概要はこうで」という説明をしているのですが、そんなのはHP見ればすぐに分かるからと。「君たちが面白いって思ったところ」を言いなさいといつも言っています。

柳川:私も4年前に参加したのですが、ずっと同じことを言っていますね。真面目に暗い表情でサービス説明する学生が結構多かったりして、ワクワクがあんまり出てこないケースが多いですね。

実は私も自社採用のインターンに毎年メンターとして参加しているのですが、確かにできる感を出す子が多いなと思います。置きに来るというか。ワークの成果発表でも、すごくきれいにしっかり伝えようとしている一方で、衝動というか情熱のようなものを感じないことも多いです。

柳川さんに伺いたいのですが、就活していた時に恐らく他社のインターンにも参加をされたと思います。他社のインターンと御社のインターンの違いをどんなところに感じました?

まさに今のお話の通りで、自分自身のワクワクや興奮について話すインターンはここだけでした。私が参加した他のインターンは、ただ事業を作りましょうというもので、こういう理由でこういう事業がいいとロジカルに組み立てて、発表しておしまいでした。ですので、誰かが突出して知識量を持ってたらその人が大部分をまとめて、チーム全員でやったっていう感覚は薄かったのですが、Fringe81のインターンは全員が興奮してコミットしないといいアウトプットが出せないんですよね。そこが一番の違いかなと思います。

なるほど。ありがとうございます。

Chapter3学生へのメッセージ

少し話は変わりますが、学生へのアドバイスもいただければと思っています。これから御社のインターンに参加する学生に対して、何か心がけておくべきことや期待したいことはありますか?

田中:忖度(そんたく)禁止、斜に構えない、かな。 今までやってきた自分の経験知識を聞かれるのが一般的な就活かと思いますが、うちはそこには興味がなく、これから何がしたいかといった知的好奇心なんかを見ていたりします。よく「こんなにメンターの方につきっきりでやっていただいてて、すみません。」って言う学生もいるんですよ。いや、別にすみませんって言われてもなみたいな。こちらとしては真剣にやっているだけなので、遠慮はいらない。 あと、「今までの経験を元に…」とか言われても、「あなたの過去の経験なんて関係ないよ」と思います。僕、コンサルティングファームにいた時に、先輩から言われた一言がすごく心に残っていて。「『私の経験によると』って言うのってほんとばかにしてるからね」って言われたのですが、コンサルティングファームって若いコンサルタントが大企業のベテランの人を相手にしたりするじゃないですか。若いので大した経験なんてしてないわけですよ。「私の経験によると」って言っちゃうといきなり陳腐になる。 その一言が僕の中では大きく残っているので、経験とか今の自分の能力とか関係ないとこで勝負してみない?というのは思います。

柳川さんいかがですか?

柳川:とにかく自分達が一番興奮したものだけに集中する3日間を過ごしてほしいなと思います。自分が持っている知識やフレームワークに当て込もうとすると、お互いもったいないというか、お互い得るものがなくなってしまうので。

飾る必要はないですよね。素直に思いっきり参加してくれたら、お互いにいい時間になりますもんね。今日は貴重なお話しありがとうございました。

Fringe81

この企業のインターンに参加した学生の口コミが気になる方へ

口コミを見にいく

インタビュー

人事担当者に、評価が高いインターンを開催する上で大切にしていることや苦労されている点についてお伺いしました

コンサルタントとして
企業課題の解決に挑むインターン

野村総合研究所
総合評価が高かった部門
最優秀賞

自分のやりたい事と徹底的
に向き合うインターン

ネットプロテクションズ
メンターのコミット部門
最優秀賞

100テーマから選ぶ現場業
務体感型のインターン

村田製作所
業界理解が深まった部門
最優秀賞